スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(; ̄□ ̄)yヾ ポロ
野原ひろしの名言集

・妻を選ぶのはネクタイを買うのとよく似ている。
 選んだ時は素敵に見えるが、
 家に帰って首に締めてみるとがっかりする。

・夢は逃げない、逃げるのはいつも自分だ。

・女に懲りるのは一度でたくさん。
 だれもがそう思いながら二度三度と繰り返す。

・弱い者ほど相手を許すことができない。 
 許すということは、強さの証だ。

・正義の反対は悪なんかじゃないんだ。
 正義の反対は「また別の正義」なんだよ。

・一日だけ幸せでいたいならば、床屋にいけ。
 一週間だけ幸せでいたいなら、車を買え。
 一ヶ月だけ幸せでいたいなら、結婚をしろ。
 一年だけ幸せでいたいなら、家を買え。
 一生幸せでいたいなら、正直でいることだ。

・運命みたいなものをさ。
 「これでいいのだ」って思うか?
 それとも「これでいいのか?」って疑うか?

・あなたが明日会う人々の四分の三は、
 「自分と同じ意見の者はいないか」と必死になって探している。
 この望みをかなえてやるのが、人に好かれる秘訣である。

・いつか無くなるものを求めちゃだめなんだ。
 無くなるものは、求めるためではなく、
 そいつで遊ぶために、この世にあるんだから。

・学校での成績がよいからといって、社会で認められるとは限らない

スポンサーサイト
ネトゲ廃人
【1】バーチャルに生き、現実世界で生きられない人、増える

寝食も忘れてインターネットのゲームにのめりこみ、学校や職場に行けなくなる人たちが現れ始めた。現実で生きることを放棄した彼らは、「ネトゲ廃人」と呼ばれる。廃人がひしめくバーチャルな世界で、何が起きているのか。【山本紀子】

 1カ月、風呂に入らなくても平気だった。大学には通わず、電話にも出ない。料金未納でガスも止められたが、不自由と思わなかった。狭いアパートで、ベッドとパソコンの前を移動するだけ。血行が悪くなり、冬は足や手の指にしもやけができて痛かった。

 神奈川県の男子大学生(22)は、地方の国立大に入学した18歳の夏休みから、ネットゲーム「ファイナルファンタジー11」(FF11)に夢中になった。1人暮らしを始め、厳しい親の目がなくなったのがきっかけだった。1日4時間が10時間、20時間と伸び、外の世界には関心がなくなった。食パンをかじり牛乳を飲む日々で、52キロだった体重は46キロまで落ちた。

 FF11は、魔物がはびこる中世の世界で、自ら主人公となって敵と戦うゲーム。ネット上で見知らぬ人とチームを組んで挑む。勝てば攻撃力や防御力が増してレベルが上がり、さらに強い相手と対戦できる。

 敵はいつ画面に現れるのかわからない。「仲間どうしで交代で眠って、出現を待った。勝てば達成感があった」。何度打ち負かしても、さらにハイレベルの魔物が現れる。ネットゲームの世界に終わりはない。廃人同様の生活を送るようになって3年たったある日、疲れ果て、宝探しと戦闘に明け暮れる日常が楽しく思えなくなり、ログインをやめた。以来、FF11の画面を開いたことはない。

 「ゲームにはまった本当の原因は自己嫌悪。第1志望の大学に挑戦しなかった自分が嫌だった。ゲームをしてれば何もかも忘れられた」。今春、実家近くの別の大学に通い始めたが、卒業後が不安だという。「膨大な時間を損した。若者が勉強もせずゲームばかりしたら、まともな勤めはできない。ネトゲ廃人が増えたら社会の損失でしょう」

【2】目立つ不登校 禁止すると暴力

オンライン上で複数の人が同時にゲームに参加するネットゲーム。気のあう仲間とチャット(会話)したり冒険に繰り出したり、自分でストーリーを進行する楽しさがある。日本では02年ごろから流行し始めた。月の基本料金は千数百円程度で、無料で提供されるゲームもある。

中学時代に1日10時間ネットゲームをしていた浪人生(18)は言う。「年代の違う人といろんな話ができて疑似家族のようになった。会うことはないのでわずらわしさはなく、腹を割って話せる」

 一方、架空の世界に魂を奪われ不登校となるケースは数年前から目立ち始め、深刻化している。

 「ネットゲームをやめるよう説得すると子どもから暴力をふるわれている、という相談が半年前から目立ち始めた」。不登校やひきこもりの相談に乗るNPO法人「教育研究所」(横浜市)の牟田武生理事長は話す。

 「リモコンをテレビに投げつけ、食卓をひっくり返し、手にかみつき、首を絞められることも。殺されるのではないかと思うくらいです」。中3長男のゲーム依存に悩む母親はうつむいた。

 長男は昨秋からネットゲーム「メープルストーリー」のとりこになり、不登校となった。成績のよい息子に期待していた両親は焦った。今年4月、ゲームの運営会社「ネクソン」に頼み込みログインできないようにしたが、ひどい暴力をふるわれ、警察を呼んだ。半狂乱の長男は2階の窓から身を乗り出し「ゲームできないなら死ぬ」と叫んだ。根負けして会社に再懇願、ゲーム環境を復活した。

 長男は日に15時間、パソコンの画面に向かう。やんちゃで表情豊かだったのに「目元がきつくなり人相が変わった」と母は嘆く。「親にはつっけんどんなのに、画面に向かうと突然クスッと笑ったりするんです……」

 「成長期の子がネット漬けになる。なぜ業界は子どもが24時間アクセスできるようにしているのか」と父親。

 メープルストーリーは、魔法使いや海賊などのキャラクターにふんし冒険を楽しむ子ども向けのゲーム。ユーザーの8割が小中高生。「保護者に安心してもらいたい」と同社は昨年末、親が子どものゲーム時間を制限できるシステムを導入した。しかしシステム利用にはパスワード入力が必須。長男がパスワードを教えてくれず、この父親は制限をかけられずにいる。

【3止】進まぬ対策 統計もなし 運営会社社長「因果な商売」

学生や主婦など「廃人」25人を取材、「ネトゲ廃人」(リーダーズノート)を出版したジャーナリストの芦崎治さん(55)は言う。「頭がよくて回転の速い人が多い。でもどこかに心の空白があって、ずるずると続けてしまう。バーチャルな世界で時間をつぎ込むほど、レベルが上がって尊敬され存在価値が得られる。一方、現実で生きがいを見いだしにくくなる」

 芦崎さんは、ネットゲーム大国の韓国も訪れた。86時間ゲームを続けたことによる死者まで出ている。「韓国では国が主導し、ゲーム業界が10億円出して若者の更生プログラムを組んでいる。日本も早急な対策が必要です」

 しかし国内では対策はおろか、ネットゲーム依存者の統計もない。人気ゲーム、FF11を運営するスクウェア・エニックスは「長時間プレーする人が何人いるのか、把握していない。わかっても、外に出す数字ではない」という。

「普段の生活に影響を及ぼさないよう自己管理してください」。ゲーム会社21社でつくる日本オンラインゲーム協会は、3年前に定めたガイドラインでうたう。しかし親のクレジットカードで代金を引き落とすなど子どもをめぐるトラブルが絶えず、ガイドライン改訂を決めた。事務局は「未成年対策を充実させ、利用時間についてもさらに注意を呼びかけたい」という。

 「企業なので利益を上げなくてはいけない。でもその裏で人が壊れていくとしたら、因果な商売です」

 ネットゲームを運営する「ハイファイブ・エンターテインメント」の澤紫臣(しおん)社長(33)は率直に語る。幼少時からテレビゲームに親しんできた澤さんだが「廃人でもゲーム脳でもありません」。ゲームに依存しやすいのは「人生で何かが欠落している人」だと分析する。「ネットでのコミュニケーションが社会との唯一の窓になっている人もいるけれど、ほどよい距離感が必要です」

 最近は低年齢のゲーマーが気になるという。ひらがな交じりの幼稚な書き込みが、以前より多くなっている。澤さんはいう。「ゲームに抵抗の少ない世代の親に育てられた子がどうなるか、不安です」

続きを読む

2008/11/5
こんばんわ。

11月になっちゃいましたね。

XBOX360は新品を先輩からタダで頂きました。ありがとうございます。

あとはテレビですが、

クリスマスセールを狙ってます。

もしくは年始のセール。


長野にいったのでそのうち写真を纏めます。

あと晩御飯もちょくちょくシャメを撮っているので

更新できるようにしたい。



ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。