スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/2/19
基本的に 消費カロリー>摂取カロリー の状態になれば人間は痩せます。

ただし、急激に痩せようとすると人間の体は生命維持のために体重を増やそうとします。

ストレスで太るという理由は、もちろんストレス食いもありますが、
ストレス要因から身を守るのため、太りやすくなるとも聞いたことがあります。

まずは「絶対に痩せられる」ということ肝に銘じてください。
体を見るたびに自己嫌悪になってしまっているのかもしれませんが、必ず痩せられます。

ただし、痩せるためにはいくつかのハードルがあります。
①停滞期は通常より長く続く(おそらく2ヶ月くらい)
②毎日の消費カロリー(基礎代謝)を上げるため、骨格筋(筋肉)を鍛える必要がある
③筋肉は脂肪よりも重くて大きいため、今よりも若干太って見えることもある

ダイエットをするときの摂取カロリーについては、こちらが参考になりますので計算してください
http://daietto253.blog59.fc2.com/blog-entry-17.html

食事は朝昼晩必ず摂りましょう。ただし、油と炭水化物の摂取量は注意してくださいね。
直接、体脂肪に関わってきますから。
注意していただきたいのが、まったく食事をしないという方法です。これは、明らかに太りやすい体質になりますし、
ストレスも溜まりますので、絶対にしないで下さい。最低でも基礎代謝量分は摂ったほうがいいです。

次に、食事を摂るタイミングですが、朝と昼は普通に食事を摂ってください。夜は朝・昼に比べて少なめです。
お菓子類を食べたいときは食事と食事の間で、二時間以上あけて食べるようにしましょう。
(もちろんカロリーオーバーはしないでくださいね)
寝る二時間前は食事をしないでください。

どうしてもお腹が空いた時は、消化のいい野菜や寒天類を食べて空腹をごまかしましょう。

そして、月に一度や二度は思いっきり食べても構いません。そのくらいでは振り出しに戻りませんから。




次に運動です。
ここは家で出来る運動を紹介します。
まず、お風呂の湯船に、太ももくらいまでぬるま湯を張ります。
倒れないように壁に手をついて足踏みしましょう。
バランスを崩す危険があるので、足を大きく上げる必要はありません。

この運動は一日10分くらいで充分です。簡単な運動ですが、半端なく汗をかきます。
転倒しないように注意してくださいね。
運動は食事の30分以上前にするようにしましょう。
運動中・運動後の水分補給は忘れないで下さい。


あと、毎日《意識して》背筋を伸ばすようにしてください(姿勢を良くする)。
この方法は背中の筋肉を鍛える方法です。

体重が落ちてきたら(約一ヶ月目から落ち始めるハズ)、運動は踏み台昇降などに切り替えてもいいです。
でも、カロリー調整は続けてください。
一ヶ月目を過ぎた頃から約二ヶ月間くらいは、停滞期にはいるため体重は落ちません。

でも、あなたの体質は日々痩せる体質へと変化していますので、頑張って乗り切りましょう。
おそらく、体重に変化はありませんが、体脂肪率と骨格筋率・基礎代謝量に変化が表れるはずです。

《朝起きて夜寝る》という通常の生活を送ってらっしゃるのでしたら、この方法は効果のあるダイエット方法だと思います。

続きを読む

スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。